急増中の性感染症、性病の症状、知識、予防、検査、治療などの健康情報サイト。在宅、匿名の性病検査キットも紹介します!

性感染症(性病)がよくわかる健康情報100 > 性病・感染症用語 あ・か行 > クラミジア感染症

性病・感染症用語 あ・か行

クラミジア感染症

  1. 特徴
    現在日本で一番感染者数が多い性感染症はクラミジア感染症です。特に10代の若者の間で爆発的に増加中です。日本での感染者数は100万人を超えたといわれています。

  2. 潜伏期間
    感染後1〜2週間

  3. 原因
    クラミジア・トラコマティスという微生物による感染症
    性交により感染、自覚症状が現れない場合も多く、知らないうちに感染し、知らないうちに他の人に感染させることも・・・。

  4. 男性の症状
    排尿時軽い痛みがあり、尿道からうみが出ることもあります。うみはさらさらしたものから粘りのあるものまであり、量的には少なめです。尿道の不快感、違和感やかゆみをともないます。精巣上体(精巣の上部から裏側の部分)が腫れ軽い発熱や痛みがあります。しかし男性の場合感染者の50%は自覚症状が出ないとも言われています。放置しておくと精子の通過障害がおき不妊の原因にもつながります。

  5. 女性の症状
    自覚症状がほとんどない。初期の症状は 軽度のおりもの、軽度の下腹部痛等で 進行すると不正出血、性交時の痛みが出てきます。放置しておくと症状が無くても感染症は進行し不妊症の原因になります。妊娠中であれば早産流産の原因になり、分娩時に母子感染すると新生児結膜炎や新生児肺炎になることもあります。

  6. 治療
    クラミジアに効果のある抗生剤を服用する。今では1回の服用で効果がある医薬品が開発されている。慢性化している場合は数日間点滴を行うこともある。

  7. 感染予防法
    コンドームの使用は感染予防に有効です。 最近では女性用のコンドームも発売されています

  8. 感染の疑いがある場合は・・・
    性器クラミジア感染症は、治療せずに放置しておくと慢性化したり不妊症の原因になります。早期発見・早期治療は自分だけでなくパートナーのためにも重要なことです。性器クラミジア感染症は在宅検査も可能です。
    もし、あなたが病院へ行くのが苦手なら・・・在宅検査をオススメします。

 

自宅で性病感染の検査が受けられます!

「性病検査STDチェッカー」を使えば、自宅で簡単に性病感染の検査が受けられます

この「性病検査STDチェッカー」はあくまで検査キットであり これにより性感染症(性病)が治るというものではありません。不安を感じたとき誰でも手軽に自宅で恥ずかしい思いをしないで検査が受けられるというものです。検査の結果 異常ありと診断された場合は できるだけ早く医療機関を受診し、治療や対応を医師に相談してください。

泌尿器科や産婦人科で性感染症(性病)の診察を受けるのはやっぱりどこか恥ずかしくて気が引けますね。恥ずかしい思いをしないで性病チェックをおこないたいなら郵送検診「性病検査STDチェッカー」での在宅検査をオススメします。

早期発見 早期治療はあなただけでなくパートナーのためにも重要なことです。

PR
【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆