急増中の性感染症、性病の症状、知識、予防、検査、治療などの健康情報サイト。在宅、匿名の性病検査キットも紹介します!

性感染症(性病)がよくわかる健康情報100 > 性病・感染症用語 あ・か行 > 毛じらみ

性病・感染症用語 あ・か行

毛じらみ

ヒトに寄生するシラミには、
頭部に寄生するアタマシラミPediculus capitis)、
衣類に寄生するコロモシラミ(P. humanus)、
主として陰毛に寄生する毛ジラミ(Pthirus pubis
の3種がある。
シラミの種類と感染集団は特異性があり、アタマシラミ症は12才以下の児童、コロモシラミ症は衣類の取替えなど保清行動が不自由な集団、毛ジラミ症は性行動が活発な年齢層を中心に発生が見られる。

シラミ類は虫卵・幼虫を含めて十分に肉眼で確認できる大きさである。

毛ジラミはアタマシラミより小型で、カニに似た形をしているので同定がしやすい。毛ジラミは陰毛、腋毛、睫毛へも寄生することがある。

毛ジラミ症の主要症状は
皮膚の激しい掻痒感である。1〜2匹の幼虫または成虫が寄生し始めた段階では、ほとんど掻痒感を伴わないが、3〜4週間経過して個体数が増加する頃に激しい痒みに襲われる。これは、シラミが吸血時に注入する微量な唾液に対して産生されたIgE抗体が関係していると考えられている。かゆみは吸血された皮膚周囲に限定される。

あまりの痒さに皮膚を掻破し、その傷から細菌(ブドウ球菌など)の二次感染が生じると、発熱、疼痛などを訴えることもある。

毛ジラミの感染経路は性行為等、直接接触が主である。毛ジラミ症の治療は、患者の剃毛による虫体及び虫卵の駆除を行う。毛ジラミ症にかかっている患者は、他の性行為感染症(クラミジア、トリコモナス、梅毒など)を合併していることもあるので、合わせて精査、加療を行う必要がある。また、毛ジラミ症の治療時は、セクシャルパートナーとのピンポン感染を防ぐため、同時に治療を行うようにする。



シラミ駆除薬

スミスリン Lシャンプータイプ 」は、人体への安全性の高いピレスロイド系殺虫成分スミスリン (一般名:フェノトリン)を主成分とした、頭髪に寄生するアタマジラミや、主として陰毛に寄生するケジラミに有効なシラミ駆除医薬品です。