急増中の性感染症、性病の症状、知識、予防、検査、治療などの健康情報サイト。在宅、匿名の性病検査キットも紹介します!

性感染症(性病)がよくわかる健康情報100 > 性病・感染症用語 さ・た行 > 尖圭コンジローマ

性病・感染症用語 さ・た行

尖圭コンジローマ

  1. 特徴
    一度感染すると原因のウイルスを完全に取り除くことが難しく再発率が高いのが特徴です。 

  2. 潜伏期間
    3週間〜8ヶ月

  3. 原因
    ヒト・パピローマ・ウイルスの感染によって発症します。感染の主な原因は性行為ですが、傷のある皮膚からも感染することがあります。

  4. 症状
    男性は亀頭や陰のう、肛門の周りに 女性は外陰部や膣、肛門の周りに うすいピンク色の小さなイボができます。進行するとイボは数も増えカリフラワーや鶏のとさかのようになります。かゆみや軽い痛みをともなうこともありますが、自覚症状はほとんどありません。

  5. 治療
    電気メスやレーザーを用いた外科的治療でイボを取り除きます。

  6. 感染予防法
    コンドームの使用は感染の可能性を下げますが、性行為以外の感染もありえるので完全ではありません 。

  7. 感染の疑いがある場合は・・・
    尖圭コンジローマ、治療せずに放置しておくと慢性化しガンの原因になります。早期発見・早期治療は自分だけでなくパートナーのためにも重要なことです。尖圭コンジローマは在宅検査も可能です。
    もし、あなたが病院へ行くのが苦手なら・・・在宅検査をオススメします。