急増中の性感染症、性病の症状、知識、予防、検査、治療などの健康情報サイト。在宅、匿名の性病検査キットも紹介します!

性感染症(性病)がよくわかる健康情報100 > 性病・感染症用語 さ・た行 > サルモネア感染症

性病・感染症用語 さ・た行

サルモネア感染症

 いわゆるサルモネラ食中毒は急性胃腸炎である。その主な症状は下痢、腹痛、悪感、発熱、嘔吐、などである。ときには脱水症状を伴う。症状の軽度は個体およびその他の各種の条件によって異なり、死亡率は 0.1〜0.2%で、死因は内毒素によるショックである。死亡例は老齢者および小児に多い。経過は通常1〜4日である。
 約 50%の患者には、回復後 2〜4週間 の排菌がみられ、また10〜20%の患者では排菌は数カ月に及ぶ。サルモネラ症には、海外では老齢者と小児以外では抗生物質治療を行わないことが原則とされ、抗生物質を投与された患者では、回復後長期間にわたって排菌が続く傾向があるといわれている。
 潜伏期間は平均 12時間であるが、個体および摂取菌量によって相違があり、早いもので 5時間、遅いもので 72時間の記載がある。特に最近における小児のS. Enteritidis感染症ではしばしば3〜4日に及ぶことがある。 (参考文献:国立感染症研究所感染症情報センターHP疾患別情報より)