急増中の性感染症、性病の症状、知識、予防、検査、治療などの健康情報サイト。在宅、匿名の性病検査キットも紹介します!

性感染症(性病)がよくわかる健康情報100 > 性病・感染症用語 さ・た行 > しらみ(シラミ)

性病・感染症用語 さ・た行

しらみ(シラミ)

ヒトに寄生するシラミには、
頭部に寄生するアタマシラミ(Pediculus capitis)、
衣類に寄生するコロモシラミ(P. humanus)、
主として陰毛に寄生する毛ジラミ(Pthirus pubis
の3種がある。
シラミの種類と感染集団は特異性があり、アタマシラミ症は12才以下の児童、コロモシラミ症は衣類の取替えなど保清行動が不自由な集団、毛ジラミ症は性行動が活発な年齢層を中心に発生が見られる。

シラミ類は虫卵・幼虫を含めて十分に肉眼で確認できる大きさである。

[アタマシラミ症]
髪毛に付着している白っぽい固まりを2〜3倍程度の虫眼鏡で観察する。なお、頭髪上のシラミ卵とふけ、ヘアスプレーが乾いたもの、毛嚢からの皮脂などの付着物との鑑別は、構造を観察することによって容易にできる。

[コロモシラミ症]
コロモシラミは人体ではなく、患者が着衣している衣類の襟首や袖口などの縫い目や折目に潜んでおり、このような部分を中心に寄生の有無を確認する必要がある。

[毛ジラミ症]
毛ジラミはアタマシラミより小型で、カニに似た形をしているので同定がしやすい。毛ジラミは陰毛、腋毛、睫毛へも寄生することがある。

シラミ症の主要症状は
皮膚の激しい掻痒感である。1〜2匹の幼虫または成虫が寄生し始めた段階では、ほとんど掻痒感を伴わないが、3〜4週間経過して個体数が増加する頃に激しい痒みに襲われる。これは、シラミが吸血時に注入する微量な唾液に対して産生されたIgE抗体が関係していると考えられている。かゆみは吸血された皮膚周囲に限定される。

あまりの痒さに皮膚を掻破し、その傷から細菌(ブドウ球菌など)の二次感染が生じると、発熱、疼痛などを訴えることもある。

[アタマシラミ症]
アタマシラミの感染経路としては直接的な頭部の接触が主な要因であるが、集団生活の場や家族内で寝具、タオル、帽子、ロッカー等を共用することによっても感染する。タオル、櫛やブラシ等の共用をさけ、着衣、シーツ、枕カバー、帽子等は温水(55℃以上)で10分間ほど処理する。さらに、親が子供たちの頭髪を丁寧に調べることでシラミの成虫や卵の早期発見が可能であり、確実な駆除が期待される。集団内でアタマジラミ罹患者が発見された場合、駆除対策を一斉に実施することが大切である。

アタマシラミの駆除のために、シラミ駆除専用パウダー剤及びシャンプー剤が市販されているが、諸外国ではアタマシラミ駆除用薬剤に対する抵抗性の発達が大きな問題となっている。処方通りに駆除剤を処理しても、なお生きたシラミが見つかる場合には、殺虫剤抵抗性の発達の可能性が考えられるので、細かな櫛などで物理的にシラミを駆除する方法に切り替える。

[コロモシラミ症]
コロモシラミの感染経路は、シラミが付着した衣類等を共有することによる。卵、幼虫および成虫が付着した下着、衣服は全て破棄する。全身の汚れをシャワー等で洗い流し、シラミの寄生していない衣類に着替える。

[毛ジラミ症]
毛ジラミの感染経路は性行為等、直接接触が主である。毛ジラミ症の治療は、患者の剃毛による虫体及び虫卵の駆除を行う。毛ジラミ症にかかっている患者は、他の性行為感染症(クラミジア、トリコモナス、梅毒など)を合併していることもあるので、合わせて精査、加療を行う必要がある。また、毛ジラミ症の治療時は、セクシャルパートナーとのピンポン感染を防ぐため、同時に治療を行うようにする。

(参考文献:国立感染症研究所感染症情報センターHP疾患別情報より)

シラミ駆除薬

スミスリン Lシャンプータイプ 」は、人体への安全性の高いピレスロイド系殺虫成分スミスリン (一般名:フェノトリン)を主成分とした、頭髪に寄生するアタマジラミや、主として陰毛に寄生するケジラミに有効なシラミ駆除医薬品です。