急増中の性感染症、性病の症状、知識、予防、検査、治療などの健康情報サイト。在宅、匿名の性病検査キットも紹介します!

性感染症(性病)がよくわかる健康情報100 > 性病(STD)在宅検査 > 自宅で検査できる「性病検査STDチェッカー」

性病(STD)在宅検査

自宅で検査できる「性病検査STDチェッカー」

「オシッコすると痛い!」
「ヘンなところにイボイボが・・・」
 「最近おりものが多くて・・・」

これって性病? こんな症状があったらとっても不安を感じますよね。

でも 忙しくてなかなか病院へ行く時間が取れない・・・
婦人科や泌尿器科、性病科を受診するのはちょっと・・・

なんて方にオススメなのが、 自宅に居ながら 専門家に診断してもらえる
性感染症(性病)感染検査の「性病検査STDチェッカー」です。

 この「性病検査STDチェッカー」を用いて行う検査は、
医療機関でおこなう性病検査と同等の検査を
自宅に居ながら受けることができます。

自宅で検査を受ける方法は、
検査キットに入っている器具を用いて、
自分で検体(検査物)を採取し、郵便で送ります。

郵送された検体(検査物)は、
国の許認可を受けた登録衛生機関で 
臨床検査技師が検査を行い、医師が診断をします。

この登録衛生機関とは、
病院などの医療機関が検査を依頼している外部検査会社のことです。

だから泌尿器科や婦人科、性病科へ行かなくても、
自宅で医療機関と同等の性病検査を受けることができるのです。

「性病検査STDチェッカー」の発売元である(株)アルバコーポレーションは
在宅検査パッケージのパイオニア的な会社で、この「性病検査STDチェッカー」以外にも
大腸がん、骨粗鬆症や糖尿病の「郵送検診キット」を販売しています。  

 

「性病検査STDチェッカー」の優れている点は、

1、検査がとっても簡単!●●●
検査キットに入っている器具で尿などの検査物(検査内容によって異なる)を採取し
返信用封筒に入れてポストに投函するだけ。
数日後インターネットで結果を確認することができます。

2、プライバシー対策も万全!●●●
中身がわからないように送られてくるし郵便局留めもできるから
自宅で受け取りにくい人でもプライバシーが守れます。

検査申込書の記入も名前・住所の記入は不要、
ID・パスワードを自分で決めて記入するだけです。
検査結果は、パソコン・携帯電話にそのID・パスワードを入力することで
確認することができます。

この性病検査は 自宅で自分で検体(検査物)を採取しておこなう性病検査なので、
病院を予約したり仕事を休んだりという手間をかけずに、医療機関と同等の性病検査を
受けることができてしまいます。

登録衛生機関での検査分析は、検査項目によって多少異なりますが、およそ7〜10日ぐらいかかります 。ですので検査結果を確認できるのはそのぐらいの日数を要します。

「性病検査STDチェッカー」はあくまで検査キットであり これにより性感染症(性病)が治る
というものではありません。不安を感じたとき誰でも自宅に居ながら、医療機関と同等の
検査が受けられるというものです。専門の医師が診断した検査結果が 異常ありの場合は
できるだけ早く医療機関を受診し、治療や対応を医師に相談してください。

(株)アルバコーポレーション社長の萬田さんは製品開発にあたり

「若い方々の間では性感染症(性病)に関する知識がほとんど普及していないこと、
よって性感染症(性病)の予防に対してあまりにも無防備であることを目のあたりにした」
とおっしゃっています。

先進国の中で唯一HIV感染者数が増加しているのは日本だけです。私は 萬田社長のかかげるスローガン「STOP THE STD(性感染症)」にとても共感しています。

泌尿器科や婦人科、性病科で性感染症(性病)の診察を受けるのはやっぱりどこか気が引けますね。でもこの「性病検査STDチェッカー」なら 自宅に居ながら、専門家に診断してもらえ、医療機関と同等の性病検査を受けることができます。

早期発見 早期治療はあなただけでなくパートナーのためにも重要なことです。

もし、あなたが不安を感じているなら・・・
もし、あなたが病院へ行く時間がないなら・・・
もし、あなたが病院は苦手、もっと気軽に検査を受けたいなら・・・

【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆

是非「性病検査STDチェッカー」で在宅匿名検査をパートナーと一緒に受けてください。
こんなに簡単に自宅で検査ができ、
しかも匿名で検査結果が確認できるのは非常にありがたいですよね。

最後に 株式会社アルバコーポレーションの萬田社長様には、是非パートナーが一緒に
検査が出来るよう男女ペアセット(検査キットが男女2人分のお買い得セット)の発売を
期待したいですね。自分が性感染症(STD)に感染していた場合 パートナーも感染している
可能性が非常に高いので、はじめから男女ペアセットを用い同時に検査すれば検査精度も
あげられ、早期発見につながると考えるからです。