急増中の性感染症、性病の症状、知識、予防、検査、治療などの健康情報サイト。在宅、匿名の性病検査キットも紹介します!

性感染症(性病)がよくわかる健康情報100 > 性病(STD)在宅検査 > 性病検査STD Checker TypeK(男女共通・1人用)

性病(STD)在宅検査

性病検査STD Checker TypeK(男女共通・1人用)

性病検査STD Checker TypeK(男女共通・1人用)は、梅毒の検査キットです。

 

誰にも知れず、自宅で性病検査を!

性病検査STD Checker TypeK(男女共通・1人用)

自宅でカンタン!
匿名の性病検査。

梅毒が自宅で検査できます。
検査はカンタン!匿名OK!
結果はインターネットで確認!
プライバシー重視の性病検査キットです

性病検査STDチェッカー

 

 商品名 性病検査STD Checker TypeK(男女共通・1人用)
 価格 2,940円(税込)
 検査項目  梅毒
 検査内容 血液検査
 (血液ランセット[医療機器承認番号 20700BZY00856000、
  採血用ろ紙に関しては、医療機器ではありません])
    ※検査物採取器具使い方・・・血液ランセット
 特徴 感染力の強く、古くからある性感染症(性病)です。
 今では治療法が確立されているますが、早期発見、早期治療が重要です。

 ■この性病検査キットのご購入は 性病検査 STDチェッカー  まで。

梅毒は、古くからある性感染症(性病)で
感染力も高く、ひと昔前までは非常に怖い性感染症(性病)でしたが、
今では早期治療すれば完治でき、
その感染者数も減少し全性感染者数の1%以下と減っています。

梅毒はその進行によって第一期から第四期までに分類されます。
第一期梅毒(感染して約3週間後)・・・
デリケートゾーンに小豆大のしこりができ、その後2〜3週間で消える。
第二期梅毒(感染して約3ヶ月後)・・・
病原菌が血液に入り全身症状が始まります。
リンパ節の腫れ、発熱、頭痛とともに顔や手足に赤ピンク色の円形のあざができ次第に小豆大で、赤茶色の盛り上がったブツブツが現れる。何度か発症と消滅を繰り返し約3年続きます。無症状が続くこともあります。
第三期梅毒(感染して約3年後)・・・
ゴム腫とよばれる大きめのしこりが皮下組織にできる。
第四期梅毒(末期症状)・・・
感染から10年ぐらい過ぎると
心臓、中枢神経、内蔵なども冒され重い症状が出てきます。

梅毒は、治療せずに放置しておくと重篤な状態になります。
梅毒は、早期発見・早期治療により容易に治すことが可能です。
パートナーのためにも重要なことです。

また梅毒は在宅検査も可能です。
もし、あなたが病院へ行くのが苦手なら・・・在宅検査をオススメします。