急増中の性感染症、性病の症状、知識、予防、検査、治療などの健康情報サイト。在宅、匿名の性病検査キットも紹介します!

性感染症(性病)がよくわかる健康情報100 > 性病(STD)在宅検査 > 分泌液検査用器具 分泌液カルポーターの使い方

性病(STD)在宅検査

分泌液検査用器具 分泌液カルポーターの使い方

在宅郵送検診「性病検査STDチェッカー」の検査では、自分で検査物の採取を行います。
クラミジア(女性)・淋菌(女性)・トリコモナス・カンジダ・ヒトパピローマウイルス等の検査では、膣分泌液の採取が必要となります。そのとき使う採取器具(分泌液カルポーター)の使い方を説明します。

<分泌液カルポーターの使い方>

 

手順1.カルポーターのキャップを開け、綿棒を取り出します。
分泌液カルポーター1 分泌液カルポーター1
          ※ 綿棒の先の部分が、手などに触れないようにして下さい。

 

手順2.綿棒が挿入できるように、楽な姿勢をとって下さい。
分泌液カルポーター2 分泌液カルポーター2

 

手順3.綿棒を膣部に挿入します。
分泌液カルポーター3 分泌液カルポーター3

 

手順4.綿棒を回転させて、膣内の分泌液をぬぐうようにして下さい。
分泌液カルポーター4 分泌液カルポーター4

 

手順5.綿棒を抜いて、元の容器に戻し、キャップを確実に閉めて下さい。
分泌液カルポーター5 分泌液カルポーター5

 

この分泌液検査用器具 分泌液カルポーターは、
「性病検査STDチェッカー」を用いて次の性感染症(性病)を検査するときに使用します。

        クラミジア(女性)・淋菌(女性)・トリコモナス・カンジダ・ヒトパピローマウイルス

 

[関連記事] 自宅で検査できる「性病検査STDチェッカー」