急増中の性感染症、性病の症状、知識、予防、検査、治療などの健康情報サイト。在宅、匿名の性病検査キットも紹介します!

性感染症(性病)がよくわかる健康情報100 > 性病(STD)の予防・治療 > 尖圭コンジローマの治療

性病(STD)の予防・治療

尖圭コンジローマの治療

尖圭コンジローマの外科的治療には、切除、CO2 レーザー蒸散法、電気メスによる焼却法や液体窒素による凍結法がある。CO2 レーザー蒸散法は、治療による周辺組織の損傷が少ないこと、高い治療効果が速やかに得られることから最も優れている。

尖圭コンジローマの薬物療法としては5-フルオロウラシル軟膏、ブレオマイシン軟膏などを塗布する方法がある。外国では、10 〜25%ポドフィリンアルコール溶液の塗布が行われているが、我が国では市販されていない。

通常、ヒトパピローマウイルスの感染から尖形コンジローマの発症には数週間から3カ月程度かかるといわれているので、尖圭コンジローマの治療終了後も最低3 カ月は厳重な経過観察をして、再発の早期発見に努めることが必要である。

尖圭コンジローマは本人が治癒しても、パートナーがヒトパピローマウイルスを保持しているかぎり再感染の可能性があるので、パートナーも必ず専門医を受診し、尖圭コンジローマの症状があれば治療をすることが重要である。
また、尖圭コンジローマは母子感染を予防するために、妊婦で発症した場合分娩までに治療を終了するべきである。

ヒトパピローマウイルスは皮膚や粘膜の微小な傷から侵入、感染する。従って、尖圭コンジローマの感染予防にはコンドームの使用が効果的であるが、外陰部にアトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎などがある場合 は特に感染しやすいので注意を要する。

 

性感染症(性病)は早期発見・早期治療を!

性行為をかいして感染する疾患の総称を
STD(sexually transmitted disease:性行為感染症)といいます。
若い人のあいだでは性病(STD)に対する意識が低く、性病(STD)の予防に対してあまりにも無防備で、最近感染者数が増加傾向にあることが問題になっています。

「性病検査STDチェッカー」を使えば、自宅で簡単に性病感染の検査が受けられます

 

 検査を受けよう。 

クラミジアやエイズなどが自宅で
検査できる「性病検査STDチェッカー」
結果はインターネットで確認!
プライバシー重視の性病検査キットです
性病検査STDチェッカー

この「性病検査STDチェッカー」はあくまで検査キットであり、これにより性感染症(性病)が治るというものではありません。不安を感じたとき誰でも手軽に自宅で恥ずかしい思いをしないで検査が受けられるというものです。検査の結果 異常ありと診断された場合は できるだけ早く医療機関を受診し、治療や対応を医師に相談してください。

早期発見 早期治療はあなただけでなくパートナーのためにも重要なことです。

PR
【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆