急増中の性感染症、性病の症状、知識、予防、検査、治療などの健康情報サイト。在宅、匿名の性病検査キットも紹介します!

性感染症(性病)がよくわかる健康情報100 > 性病(STD)の予防・治療 > 淋菌の治療

性病(STD)の予防・治療

淋菌の治療

淋菌では耐性菌が増えているが、その出現や検出率には抗菌薬の投与方法や使用頻度が関 している。国や地域により、治療で多く使用される抗菌薬やその使用方法が異なるため、耐性菌の検出率も異なってくる。

淋菌感染症の治療として、スペクチノマイシン(筋注)、セフィキシム(経口)、オフロキサシン(経口)、ビブラマイシン(経口)などが用いられている。セフトリアキソン(静注)も有効であるが、我が国では現在保険適用とはなっていない。近年、ニューキノロン系薬に対する感受性の低下が著しくなってきている。

淋菌感染の予防対策としては、性的接触時にはコンドームを必ず使用することを教育する。また、患者だけでなくその接触者を発見し、早期診断と治療を行うことが重要である。

 

自宅で性病感染の検査が受けられます!

性行為をかいして感染する疾患の総称を
STD(sexually transmitted disease:性行為感染症)といいます。若い人のあいだでは性病(STD)に対する意識が低く、性病(STD)の予防に対してあまりにも無防備で、最近感染者数が増加傾向にあることが問題になっています。

「性病検査STDチェッカー」を使えば、自宅で簡単に性病感染の検査が受けられます

 

 検査を受けよう。 

クラミジアやエイズなどが自宅で
検査できる「性病検査STDチェッカー」
結果はインターネットで確認!
プライバシー重視の性病検査キットです
性病検査STDチェッカー

泌尿器科や産婦人科で性感染症(性病)の診察を受けるのはやっぱりどこか恥ずかしくて気が引けますね。そんな時自宅で簡単に自分で性病感染の検査ができる郵送検診「性病検査STDチェッカー」での在宅検査をオススメします。この「性病検査STDチェッカー」はあくまで検査キットであり これにより性感染症(性病)が治るというものではありません。検査の結果 異常ありと診断された場合は できるだけ早く医療機関を受診し、治療や対応を医師に相談してください。


PR
【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆